Handel Festival Japan

Goods

グッズ

エイシスとガラテア

流麗にして劇的、モーツァルトをも魅了した珠玉の傑作。ヘンデル・オラトリオの原点がここに!

第8回ヘンデル・フェスティバル・ジャパンの《エイシスとガラテア》公演のライヴCDが出来上がりました。 「歌唱者も器楽奏者もしかと心を通わせた《エイシスとガラテア》」(岸純信氏『音楽の友』3月号)と好評を博した公演の熱気あふれるライヴ録音です。

cd

評論家諸氏からも好評です。

『CDジャーナル』2011年7月号 田中成和氏

「・・・ガーディナー、クリスティらの名盤が覇を競う中に意義あるディスクが加わった。・・・三澤の指揮による劇場版でヘンデルの"英国音楽"の真髄に迫る

『レコード芸術』2011年8月号:プレ・レビュー 矢澤孝樹氏

「ヘンデルの真髄へアプローチ。期待高まる日本での受容。解釈を深めた再演、真のヘンデル像・・・若手から中堅の演奏家を中心としたキャノンズ・コンサートは、管弦楽、合唱共に指揮者の意図が隅々まで徹底・・・」

『レコード芸術』2011年9月号:月評『準特選』

「広瀬奈緒の声は美しく可憐・・・辻裕久の声はつやっぽくみやび・・・恋人同士の幸福感がまばゆく放射して聴き手を恍惚とさせる」喜多尾道冬氏(推薦)

「第8回ヘンデル・フェスティバル・ジャパンで行われたライヴなのだが、聴きに行かなかったのが大変残念だと思えた・・・日本人ヘンデル演奏の高水準を十分に示した価値ある録音だろう・・・」堀内修氏(準)

収録内容

ヘンデル:『エイシス(アシス)とガラテア』HWV49a
2011年1月13日 浜離宮朝日ホールにてライヴ録音

出演者

  • エイシス(アシス):辻裕久(テノール)
  • ガラテア:広瀬奈緒(ソプラノ)
  • ポリフィーマス:牧野正人(バス)
  • デイモン:前田ヒロミツ(テノール)
  • ソロ 千石史子(ソプラノ)、福島康晴(テノール)
  • 三宮正満(オーボエ、リコーダー)
  • 通奏低音:武澤秀平(チェロ)、平野智美(チェンバロ)
  • キャノンズ・コンサート室内合唱団
  • キャノンズ・コンサート室内管弦楽団
  • 廣海史帆(コンサートミストレス)
  • 三澤寿喜(指揮)

その他

  • 録音時期:2011年1月13日
  • 録音場所:東京、浜離宮朝日ホール
  • 録音方式:デジタル 24Bit/96KHz(ライヴ)
  • 解説・歌詞対訳付き
  • ブックレット16ページ
  • 制作&発売  HFJ事務局
  • 録音・製造 (株)オフィスENZO
  • 販売 (株)キングインターナショナル

当サイトでの販売価格

2枚組本体価格 3,500円
消費税 280円
送料 実費