Handel Festival Japan

Concert

コンサート情報

第15回 ヘンデル・フェスティバル・ジャパン - メイン企画 オラトリオ《テオドーラ》全曲

西暦300年頃、信仰を守り殉教したテオドーラ その悲劇を感動的に描いた晩年の傑作

曲目

オラトリオ《テオドーラ》全曲

日時

2018年1月14日(日) 15:30開演 20:00終演予定

会場

浜離宮朝日ホール
浜離宮朝日ホールへのアクセス »

チケット

チケット発売=2017年9月20日

作品の概要

ヘンデル自身が「他のどの作品よりも優れている」と評した自信作
1749年(64歳)の作品。情感豊かな独唱と重唱、立体的で奥行きのある四声合唱、簡潔ながら表現力豊かな管弦楽、どれをとっても最高の完成度を誇る円熟期の傑作。ヘンデルは「《メサイア》のグランド・コーラス(=ハレルヤ・コーラス)より、本作第2部終曲合唱He saw the lovely youthのほうがはるかに優れている」とも語っている。第2部、第2場、牢獄に囚われたテオドーラの嘆きのアリアWith darkness deep as is my woeはヘンデル・アリアの最高傑作のひとつであり、第2部、第5場、衣服を交換したテオドーラとディディムスの別れの二重唱To thee, thou glorious son of worthはヘンデル二重唱の最高傑作のひとつ。(三澤寿喜)

あらすじ

テオドーラはアンタキアに住むキリスト教徒。彼女を愛するローマ人将校ディディムスも改宗し、キリスト教徒となっている。
第1部:今日はローマ皇帝の誕生日。アンタキアのローマ人総督ヴァレンスは住民に対して、ローマの習慣に倣って誕生日を祝うよう命じる。テオドーラはそれを拒否し、捕えられる。
第2部:熱狂する異教徒と、それとは対照的に、牢獄で絶望するテオドーラ。ディディムスは友人セプティミウスの助けを得て、テオドーラ救出を試みる。兜を被って牢獄に現れたディディムスはテオドーラと衣服を交換し、彼女を逃がす。

第3部:ディディムスの変装は露見する。それを知ったテオドーラはディディムスを救おうと、自らヴァレンスの元へ赴く。 ディディムスとテオドーラは互いに自らの命と引き換えに相手の助命を乞うが容れられず、二人とも処刑される。

上演時間

第1部=約85分
第2部=約60分
第3部=約55分
(幕間休憩でオルガン演奏を予定)

キャノンズ・コンサート室内合唱団&管弦楽団(古楽)

CANNONS CONCERT CHAMBER CHOIR & ORCHESTRA
HFJ専属のヘンデル演奏の専門家集団。「今や欧州の基準に照らしてもかなりの高水準」と評されている(第13回《イェフタ》公演、『音楽の友』那須田務氏評)。名称由来:ヘンデルが1718年頃に滞在したロンドン郊外キャノンズCannonsに建てられたシャンドス公爵邸の専属合奏団Cannons Concertに因む。cannons

キャプション:2017年1月9日、浜離宮朝日ホール、《ベルシャザル》公演
撮影:青柳聡